読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(蟹)

蟹の見てる世界˙˚ʚ( •ω• )ɞ˚˙

理由なんか言えなくてもOKです

どうしてと聞かれると、これ!!と言い切れるほどの理由はない。

 

だけど学校に行きたくない。

 

会社に行きたくない。

 

やりたくない。

 

会いたくない。

 

f:id:kanikanikanikani:20161103003124j:image

 

色々あることと思います。

 

そんな時でも、頑張って家を出る…そんな人の方が多いのかもしれませんね。

 

多少の無理は、必要なことだ、大人になるってそういう事だって感じで、常識になっているのかもしれません。

 

そうやって無理を繰り返して行くうちに、少しずつ疲労していって行動するのに膨大なエネルギーを必要としてしまうようになった時、ようやく逃げ道を求めます。

 

f:id:kanikanikanikani:20161103003150j:image

 

でも、自分にも周囲にも"どうして?"と理由を問われます。

 

ほとんどの場合、なんとなく…と言うのは理解も受理もしてもらえません。

 

だけど、そこまで来たら、理由などなくていいと思って居ます。

 

早い所、自分の心身を休めた方が無くなった体力が復活して、自分とまた向き合えると考えます。

f:id:kanikanikanikani:20161103003214j:image

 

 

何か大きな理由がある場合…

 

上司や友達に明らかないじめを受けているとかなら、そこを排除したり、方法は明確だったりします。

 

しかし、理由が色んなものの積み重ねであったり、絡み合っている場合、擦り傷や口内炎が沢山あるようなもので、毎日疲弊して行きます。

 

やっと「行きたくない」と口に出せたなら、それこそが根本治療なんだと思います。

 

理由がないから辛くないと言う誤解が人を追い詰めて行きます。

 

 

甘えている。

甘やかしている。

そんなことではどこにいっても同じ。

障害でもあるんじゃないか。

親が悪い。

あれが悪い。

これが悪い。

 

色々言う人はあるでしょうね。

 

でも、その人達は実際生活や将来の面倒をみてくれるわけではありません。

 

親兄弟であっても、わかってくれないこともあるかもしれません。

 

それでも、頑張り屋さんほど頑張らないでほしいと願って居ます。

 

f:id:kanikanikanikani:20161103003307j:image

 

"頑張りどき"は一生のうちで、いつどの方法で頑張るのかを自分で妄想してみてください。

 

きっと、訳もわからないけどやりたい事のために今自分を痛めつけるために日々を頑張ると言うのは違う…と思っていただけるのではないでしょうか。

 

理由など、無くてOKです。

 

 

 f:id:kanikanikanikani:20161103003823j:image

 

根性だ!と思う方は、自分だけ根性出して頑張っていただいて、人に押し付けるのはご遠慮下さい。

 

私も、根性じゃない!と言う押し付けは致しませんので( ˙灬˙ )