読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(蟹)

蟹の見てる世界˙˚ʚ( •ω• )ɞ˚˙

コーリング きみは誰?

生きるについて考えたこと

普通の暮らしの中で、ふとひらめくと言うか、

何かをしなければ!と思い立ったことは無い?

 

頭の中に語りかけられたような気がした時には、一体誰??と思ったものでした。

 

ときおりふと頭や心によぎる想いは、今は時々しか意識に上ることが出来ない

"自分の声"

なんですよね。

 

たくさんのくだらない概念が降り積もってしまって、あまり見えなくなってしまった私自身の本質が、時々意識に上がってくる。

 

f:id:kanikanikanikani:20160706224929j:image

 

社会人になったら、大きな会社に入って、嫌な仕事もそこそこ頑張って、時々自分にご褒美して…そうやって我慢して生きるのが大人ってもんだよ…

 

そんな人生を努力でやり抜こうとしている日常の中で、ふと昔好きだったことを目にする…

 

昔好きだったな…

またやりたいなぁ…

 

"やりたい事を、それだけをやればいいよ"

 

今、何か聞こえたような気がするけど…

でも都合のいい幻想なのかもしれないし、

だって、そんなにうまいこと行くはずがないし!

それに、お金も時間もないし。

 

また努力の明日が来て、無意識に歯を磨いて、ご飯食べて、着替えたらいつもと同じ電車に乗る。

 

ほら、やっぱりこうして生きるのが私の人生なんだよ。

 

そうして、本当の自分の声をなかったことにする。

 

自分の人生なのに、自分の声を殺す。

 

何度も裏切って、本当に申し訳なかったよ。

 

何かを思いついたら、ろくな事を考えつかない脳みそには任せないよ。

 

すぐにやってみる!

 

妄想でも間違いでも、何でもいいや。

 

それに本心が混じっているなら、やる。

 

成功と失敗は、なによりも私の経験値になるはずだから。

 

 

きみは私。

 

私がきみになるまで、やり続けるよ。